読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRTACHAMBER

GIジョーまたはハロプロ、またはその両方のブログです。

 30th クリムゾン・H.I.S.Sタンク 

こんばんは。ランブルです。

 今日は、「G.I.ジョー 30th クリムゾン・H.I.S.Sタンク」をご紹介します。

箱絵裏

 クリムゾン・H.I.S.Sタンク本体を右・左・上から



 主要装備はガトリングガン(砲身を回転させられます)とミサイルランチャーです。奥のレバーを左右に動かすと……。



連動して同じく動きます。
 ですが、H.I.S.Sタンクはこれぐらいの回転では前後左右の攻撃の為には足りませんでした。パッケージにも記載されているこちらのギミックです。上部の黒いボタンを押します。


すると、車体がジャッキアップ。これで真横の敵への攻撃も安心です。機動性と火力を兼ね備えたH.I.S.Sタンクの工夫の数々。M.A.R.Sインダストリーズの技術力は底知れません。

 続いて付属の「クリムゾン・ホースマン」です。

クリムゾンH.I.S.Sタンクには付属品としてバックパックとそれにくっつけられる地雷が付きます。ちなみにH.I.S.Sタンクにはバックパックを差しておけます。

ホースマン自体の武器はグレネードランチャーを装備したライフルです。

ジャケットは脱着可能。ついでにリュックと地雷です。


操縦席にクリムゾン・ホースマンを搭乗。足を伸ばせて快適そうです。しかし、もう一つ操縦席があります。それが車体の後部のこちらです。

止む終えませんでした。では今回はリタリエーションからクリムゾンガードに搭乗して頂きます。頑張ってください!

この体勢でハッチが閉じなければかなりキツイ上に前部の操縦席と比べると狭く、こちらで任務を行う方の苦労が知れます。


最後に、クリムゾンガードと共に。ちなみにH.I.S.Sタンクは他のアイテムに付いている旗などを差しておけます。軍事パレードのような儀式などでも心遣いを忘れないのです。奥になにか黒い人影があります……。

ストップ・ザ・クリムゾンガード!

おやすみなさい